外出自粛中の娘のために購入したもの5選

1歳5か月の娘は活発まっさかりですが、一緒にホットケーキ作れるような月齢でもないので、どう遊ばせるか苦心しております。


1日外に出ないのも心身共に良くないですし、自粛中でも散歩ならOKとのお触れだったので、近所の公園に連れて行って少しだけ遊ばせてました。


でも、連れて行くと他の子どももいて気を遣うし、砂場で遊んでいても途中から飽き始め、なぜかトイレ横の蛇口にご執心。


「ええい、めんどうじゃ~!」となり、早々に公園へ行くのは諦めました。感染リスクもありますしね。


なので、保育園の登園自粛で返還される保育料を元手(一部、義父母におねだり)に、以下のものを購入しました!

自粛対策で購入したもの

  1. すべり台
  2. トランポリン
  3. 砂場
  4. アンパンマンの三輪車
  5. DVD


それぞれの娘の反応を見ていきたいと思います!

1.すべり台

手軽さ:★★★★★
くいつき:★★★☆☆
運動量:★★☆☆☆


メルカリで中古を購入し、次亜塩素酸水で消毒して娘のプレイルームに設置しました。2,500円くらい。


時々思い出したように滑って遊んでくれます。
トータルの運動量は少なめですが、階段のぼる練習にもなるし、場所は取りますが置いておくだけなので楽ですね。

2.トランポリン

手軽さ:★★★☆☆
くいつき:★★☆☆☆
運動量:★★★☆☆


上の写真に一部写ってますが、アンパンマンのトランポリンです。(すべり台で遊ばせるときは別の場所へ移動しています)

トランポリンは外出自粛で品薄状態になっていて、メルカリの中古は高額な物ばかりでめぼしい物が見つからず。
新品もみつからずorあっても送料別で予算オーバー。
探すのに大苦戦したんですが、ヨドバシカメラの通販で定価24%OFF&送料無料で取り寄せ購入し、なんとかゲット出来ました。


本当はアンパンマンじゃなくても良かったんですが、他のトランポリンは、大きかったり折りたたみに力がいるようなものが多くて。


アンパンマンのトランポリンについては、こちらにメリットとデメリットを書いていますので、宜しければご覧下さい。

あんなに苦労して買ったのに、思ったより食い付きが悪い!!
その割に、私が運動しようと思って飛ぶと邪魔してくるという。笑


1歳5か月にはまだ早かったかな~って感じです。
ただ気分が乗ればぴょんぴょん跳ねてくれるので、それなりの運動量になります。

3.砂場

手軽さ:★★☆☆☆
くいつき:★★★★☆
運動量:★★☆☆☆

うちはマンションなので、砂場といっても簡易的な砂場です。

こちらのサイトを参考にして、以下の物を揃えました。


費用はAmazonでそろえて6,000円くらい。

プールを開き、収納バッグを敷き、洗濯バサミでプールと収納バッグを留めてから中に砂を入れる。
設置時間は5分くらいで、かんたんに砂場が出来ます。これだけなら手軽さを★5にしたいところですが…
後片付けがめちゃくちゃ面倒くさい!!なので、手軽さは★2つにしました。

ちなみにプールは直径80cmで、一人入るのにちょうどいい感じです。二人で遊ばせるならもっと大きいサイズの方がいいかも。

娘の食いつきも良いです。
楽しそうに砂を混ぜて遊んでます。公園の砂場だと他の子に気を遣わなければなりませんが、それもないので親としては気が楽です。

ベランダで砂遊びさせるときの注意点はこちらの記事に詳しく書いたので、良かったらご覧下さい。

4.アンパンマンの三輪車

手軽さ:★★☆☆☆
くいつき:★★★★★
運動量:★★☆☆☆


アンパンマンのカート系はいくつかありましたが、これにしました。


↓のアンパンマンカートでも良かったのですが、外でも使えるやつを探していたので三輪車にしました。


三輪車はお値段がそれなりで手軽に買えない感じだったので、じいじとばあばにおねだりしてゲットしました。


なんといっても使わないときは、折りたためるのが良い!


そして、ベビーカーを嫌がる娘でも、アンパンマンの三輪車なら楽しそうに乗ってくれます。


自分で車輪をこげなくなくても乗れるところもGood!
ぶらっと家の周りを散歩するくらいならこの三輪車なら十分です。


前後にポケットも付いてるので、三輪車に乗らない時も道路で石ころ集めしながら歩いて行くのが楽しいです。

5.DVD(TV)

手軽さ:★★★★★
くいつき:★★★★★
運動量:★☆☆☆☆


自粛生活になってからDVD無しではほんと生活出来ません。
特に「しまじろう」「アンパンマン」は1歳5か月の娘にとって欠かせないものです。

画面が近い!(離してもすぐこうなる)


1日中子どもの相手をするのは無理なので、自粛中だけは割り切って見せるのも全然アリだと思います。


テレビとの付き合い方に関しては、この記事で紹介しています。

フォローしてね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です