夜間の導尿はどうしてる?(脊髄脂肪腫)

娘は2020年5月末現在、1日4回(6時間おき)に導尿しています。

夜の12時に1回導尿の時間がありますが、娘を起こさないようにしなければなりません。

我が家ではどうやって対処しているかまとめておこうと思います。

ヘッドライトを使う

夜間の導尿は、周りが真っ暗なため、カテーテルを差し込むのも一苦労です。

そこで、我が家ではヘッドライトを導入して、部屋の明かりを付けることなく、ピンポイントで明かりを照らしています。


実際に使っているヘッドライトは、これです。


この商品の良いところは、「操作が簡単」で、「明るさが2段階に調整」でき、「値段が安い」ことです。


ライト上の電源を押すだけですぐライトが付きますし、ベルトも伸縮性があり、長さの調節も簡単なので、1つあれば夫婦で共有できます。単3電池1こで動くというのも好ポイントですね。


明るさは「白色モード(High、Eco)」と「赤色モード」の3つですが、赤色ライトは必要ないので、白色ライトのみ使用しています。白色ライトは、Highモードだと暗闇でもかなり眩しくなってしまうので、我が家ではEcoモードで使っています。


また、ライトの角度もちょこんとライトのところを押すと90度動くので、娘の顔にライトが当たらないように調整出来ます。

値段も1,500円前後と手に入りやすいので、持っていて損はないかな~と思います。
逆にないと不便なので、単3電池は切らさないようにしています。

スパウトで水分補給 or おしゃぶりで気を紛らわす

ズボンを脱がせて導尿するとなると、それまで熟睡していた娘も、「何かおかしいな」とモゾモゾしはじめ、時にぐずります。

なので、うちではスパウトでミルクを飲んでもらうか、おしゃぶりで気を紛らわせています。

うちの子は夜間の水分補給はミルクじゃないと拒否…

うちの子は夜間の飲み物はミルクじゃないと飲みません(泣)


正直、歯も生えそろってきて虫歯が心配なので、ミルクは飲ませたくないです。
なので、飲み物は白湯にしてみたり、温めた麦茶を与えてみたりしたのですが、寝ながらでも味の違いが分かるらしく、ミルクではないと飲みません。


なので、仕方なく、フォローアップミルク120mlを飲ませています。(寝ながら自分でマグマグを持って飲みます)


牛乳にしなかったのは、フォローアップミルクは、濃さが調整できるからです。


少しでも虫歯のリスクを減らしたいので、本当に気休めなのですが、味を薄めて飲ませています。でもあまり薄めると飲みません。


うちの場合は、すり切り2杯分(80ml)に対してお湯120mlなら飲んでくれます。


量については、日々細かく調整した結果、120mlに落ち着いているという感じです。一時期200mlくらいがっつり飲まないと夜中ぐずぐず言って寝不足になることも多かったのですが、成長してまとめて眠れるようになったこともあり、今は120ml飲ませれば朝までぐっすり寝てくれます。


肝心の虫歯ですが、今のところは大丈夫です。その代わり、フッ素入りの歯磨きジェルでしっかり、念入りに行っています。(でも朝は忙しいと忘れてしまうことも…はあ)


ミルクに関しては、他の水分を飲んでくれるなら飲んで欲しいです。これが正解だとは思いません。

でも、導尿は決められた時間にやらなければならないので、親側の睡眠時間のコントロールが大変です。少しでも親がまとめて寝るために、娘のぐずりを減らす妥協案なのです…。

うちが使っているフォローアップミルクはチルミル、マグは、ピジョンのマグマグです。

おしゃぶりで紛れる時は、おしゃぶりを吸ってもらう

とは言え、いずれ脱ミルクの方向にいきたいので、最近はミルクをあげる前におしゃぶりを吸わせています。おしゃぶりでぐずるなら仕方なくミルクという流れでやっています。

うちの子のおしゃぶりへのこだわりはこちらの記事にもまとめています。

2歳までにどうなるか…色々模索しながら頑張ります

ミルクもおしゃぶりもなく、導尿中も起きないでいてくれるのが一番ありがたいです。でも今はまだそこまでに至っていません。


今1歳半なので、ミルクもおしゃぶりも許容範囲なのかな~なんて思うのですが、2歳になっても続けるか?と考えると、「う~ん」と思ってしまうところもあります。


娘の成長と共にまた変わってくることもあると思うので、夜間の導尿のやり方は今後も模索しながらやっていきたいと思います。


こんな家庭もあるんだよ~ということで、参考になれば幸いです。

フォローしてね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です